お知らせ

エコプロダクツ2014併催シンポジウム「ASEAN地域における持続可能な消費と生産に向けたグリーン公共調達と環境ラベル」のお知らせ(2014.12.4)


国際グリーン購入ネットワーク(IGPN)から『エコプロダクツ2014併催シンポジウム「ASEAN地域における持続可能な消費と生産に向けたグリーン公共調達と環境ラベル」』についてのご案内です。


□国際市場における環境配慮型製品の流通促進のため、各国が独自の環境基準に基づきグリーン公共調達(GPP)や環境ラベルの制度(ISO14024に基づくタイプⅠ環境ラベル制度)を展開しています。特にASEAN地域においては、現在GPPや環境ラベルの制度が構築されつつある国が多く、ASEAN諸国での環境ラベル制度を中心とした制度や基準の調和のあり方が注目されています。

□またASEAN地域では、国連環境計画(UNEP)の「持続可能な消費と生産に関する10カ年の枠組み(10YFP)」や、EUまたはドイツ等による直接的な支援により、同地域におけるGPPと環境ラベルを有機的に関連付けて推進しようとする取り組みが進められており、日本の国際経済においても重要な意味を持っています。

□本シンポジウムでは、ASEAN地域を中心に専門家を招き、各国のGPPとそれに密接に関係するタイプI(ISO14024)環境ラベルを解説します。また、講演者による、持続可能な消費と生産に向けたGPPと環境ラベル制度の役割についてのパネルディスカッションも行います。

<ASEAN 各国のタイプI 環境ラベル>


インドネシア   マレーシア    フィリピン   シンガポール     タイ       ベトナム



■日 時:12月11日(木)14:00~17:30
■場 所:東京ビックサイト  会議棟6 階 607・608 会議室
      URL:http://www.bigsight.jp/access/transportation/
■主 催:環境省、日本環境協会(エコマーク事務局)、国際グリーン購入ネットワーク
■費 用:無料
■定 員:200 名(事前申込制・先着順)
■言 語:英語(日英の同時通訳あり)

●○プログラム(予定)○●
1. 14:00~14:05 開会挨拶

2. 14:05~14:15 基調講演①
    『日本のグリーン公共調達(GPP)/環境ラベルの現状と国際貢献(仮)』
    中原 秀樹(国際グリーン購入ネットワーク(IGPN)会長、東京都市大学大学院 教授)

3. 14:15~14:30 基調講演②
    『世界におけるGPP及び環境ラベルの取組と制度調和への動き』
    Mr. Farid Yaker(国連環境計画(UNEP))

4. ASEAN 各国のGPP と環境ラベルの取組
   14:30~14:45 講演①
     『インドネシアのグリーン公共調達と環境ラベル』
     Ms. Nurmayanti (インドネシア環境省)
   14:45~15:00 講演②
     『マレーシアのグリーン公共調達と環境ラベル』
     Mr. Asdirhyme bin Abdul Rasib (エネルギー・グリーンテクノロジー・水道省(KeTTHA))
   15:00~15:15 講演③
     『フィリピンのグリーン公共調達と環境ラベル』
     Dr. June M. Alvarez (フィリピン環境保護および持続可能な発展センター(PCRPSDI))
   15:15~15:30 講演④
     『シンガポールのグリーン公共調達と環境ラベル』
     Mr. Kelvin Lai (シンガポール環境協議会(SEC))
   15:30~15:45 講演⑤
     『タイのグリーン公共調達と環境ラベル』
     Mr. Sirithan Pairoj-Boriboon (タイ環境研究所(TEI))
   15:45~16:00 講演⑥
     『ベトナムのグリーン公共調達と環境ラベル』
     Dr. Duong Thanh AN (天然資源環境省(MONRE))

5. 16:00~16:15 質疑応答

6. 16:25~17:25 パネルディスカッション
     テーマ『持続可能な消費と生産に向けたGPP と環境ラベル制度の役割』
     <モデレーター> 平尾 雅彦  東京大学大学院 教授
     <パネリスト>   Mr. Farid Yaker (国連環境計画(UNEP))
                Ms. Nurmayanti (インドネシア環境省)
                Mr. Asdirhyme bin Abdul Rasib (エネルギー・グリーンテクノロジー・水道省(KeTTHA))
                Dr. June M. Alvarez (フィリピン環境保護および持続可能な発展センター(PCRPSDI))
                Mr. Kelvin Lai (シンガポール環境協議会(SEC))
                Mr. Sirithan Pairoj-Boriboon (タイ環境研究所(TEI))
                Dr. Duong Thanh AN (天然資源環境省(MONRE))

7. 17:25~17:30 閉会

※プログラムは予告無しに変更される場合がありますので、予めご了承下さい。


■申込方法
メールタイトルに「シンポジウム申込」と記載し、本文に、氏名、所属先(会社・団体・学校名等)、部署名、電話番号、Eメールアドレスを明記の上、seminar@ecomark.jp までEメールにてお申し込みください。
同内容記載によるFAXでのお申し込みも受け付けます。
※申し込みの受付処理が完了し次第、参加証として申し込み受付のメールを返信いたします。

■お問い合わせ先
 エコマーク事務局 普及・国際協力課
  電話:03-5643-6255 FAX:03-5643-6257 E-mail:seminar@ecomark.jp
 シンポジウム案内ページ
  URL:http://www.ecomark.jp/info/event/seminar_ecopro2014.html

※「エコプロダクツ2014」の詳細は、ウェブサイト(http://eco-pro.com/eco2014/outline/)をご覧ください。

お知らせ一覧