関係各位や会員の皆様には平素よりゼリ・ジャパンの活動にご理解とご支援をいただき、誠にありがとうございます。

ゼリ・ジャパンの理念は「自然に習え」です。自然界は廃棄物ゼロで、全体が見事に調和した美しい景色をわれわれに提供してくれています。或る生物の廃棄物は次の生物に速やかに利用され、全体としては廃棄物ゼロの世界が実現しているのです。この理念の実現がゼリ・ジャパンの使命です。

この自然に人間の文明が絡むと、問題が起こります。20~21世紀いろいろな化学物質や構造物が新たにつくりだされ、温暖化ガスの排出も大量に増加し、多くの問題が生じています。一方的な人間の欲望や効用が追求され、自然界全体の調和が乱され、世界が狂って来ています。そして、自然界に排出されたいくつかの新たな化学物質は、分解せず永く自然に残り、生物の世代交代や生存に悪影響を及ぼしています。このような人類のインパクトが、グローバルに大きな影響を与える時代になった今、取り返しのつかないティッピングポイントにわれわれは直面し、至急対策が必要です。

さて、最近になり海洋のプラスチック汚染が問題になっています。人類が使ったプラスチック商品が、毎年1400~1500万トンも海洋に流れ込み、それが紫外線で分解を受けてプラスチックビーズになり、何百キロにもわたって海洋を漂っています。また、塩化ビニールでできた商品は深海に沈みこみ、1000年以上も分解を受けずに蓄積をしていきます。これらの汚染により海洋生物が被害を受け、生物相にも影響を与え始めており、究極的には人間にも悪影響が還ってくる結果を産んでいます。この為、ゼリ・ジャパンはスイスの財団の「レース・フォー・ウォーター」と提携し、2019年から2020年にかけて海洋プラスチック問題解決のキャンペーンを実施します。ぜひご理解、ご参画とご対応をお願いします。

また継続して、消費者庁の推進する倫理的消費運動、グリーン購入ネットワークへの活動協力、ボルネオの生物多様性の保全活動や、持続可能なパーム油(RSPOの認証油)の活用、パーム農園での廃棄バイオマスの有効活用などに対応し、その研究活動に取り組んでまいります。

これらの活動により、具体的にプロジェクトを推進し、地球環境の改善に貢献し、SDGsの実現を目指します。関係各位の今一層のご指導・ご鞭撻をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

ゼリ・ジャパン理事長
更家 悠介